*

休日でも外貨両替できるところはどこ?お得なのは?


外貨両替の裏技!FXを使った外貨両替方法

休日でも外貨両替できるところはどこ?

平日は仕事もあるし、両替に行く時間がないという方も多いかと思います。そこで今回は、休日でも外貨両替できるところを紹介したいと思います。

休日でも外貨両替できる主な店舗としては、銀行の外貨両替コーナー、金券ショップ、外貨両替専門店といったところになるでしょうか。

店舗で両替なら、金券ショップがお得

大黒屋店舗

金券ショップでの両替なら、銀行よりも若干お得なレートで両替することができます。金券ショップの両替手数料は、1ドル当たり約2円程度。

一方、銀行や空港といった、一般的な両替方法の場合、1ドル当たり約3円程度になっています。店舗での両替の場合、金券ショップがレート的に考えるといいでしょう。金券ショップがある都市部に住んでいる方は、候補のひとつになるでしょうか。

ただ、現金での両替となるとどうしてもある程度の両替手数料がかかります。無駄な両替手数料を極力カットしたいという方は、以下の記事で紹介している方法を使ってみるといいでしょう。

>> 外貨両替手数料を比較!一番お得なドル両替方法はこちら

銀行の外貨両替コーナー

三井住友銀行の外貨両替コーナー

銀行の外貨両替コーナーでも、土日営業しているところがあります。便利な立地にあり、利便性はいいです。外貨両替コーナーによっては、窓口よりも若干レートがいいところもありますが、それでも、両替手数料は、1ドル当たり3円弱掛かります。

三井住友銀行の外貨両替コーナー

三井住友銀行の外貨両替コーナーの一部の店舗では、土日も営業しています。詳しくは、外貨両替コーナー一覧をチェックしてください。

両替レートは通常窓口よりも1ドル当たり30銭(0.3円)割引になっています。(通常窓口の両替レートは、1ドルあたり約3円上乗せされた(両替手数料込みの)レートになっています。

みずほ銀行の外貨両替ショップ

みずほ銀行の外貨両替ショップの一部の店舗でも、土日も営業しています。両替レートは、三井住友銀行の外貨両替コーナーとほぼ同じようなレートになっています。

詳しくは、みずほ銀行の外貨両替ショップページをチェックしてください。

外貨両替専門店

ワールドカレンシーショップ

外貨両替専門店「ワールドカレンシーショップ」や「トラベレックス」では、休日でも両替可能です。ただ、両替レートは、銀行と同等レベルになります。両替手数料は1ドル当たり3円程度が相場となります。

ワールドカレンシーショップ

MUFGグループの外貨両替専門店「ワールドカレンシーショップ」では、平日午後3時以降、土日でも外貨現金が購入できます。平日午後3時以降、土日でも外貨現金が購入できます。なお、店舗情報はこちらをチェックしてください。

ワールドカレンシーショップで提示されている換算レートは、三菱東京UFJ銀行と同じレートで、1ドルあたり2.9円上乗せされたレートになっています。

トラベレックス

空港でよく見かける外貨両替専門店「トラベレックス」。都市部でも店舗を展開していて、土日でも外貨両替可能です。両替レートは、こちらでチェックすることができます。

なお、トラベラックスの店舗情報は、ホームページにある国内店舗一覧を確認してください。

よりお得に両替する方法は?

海外留学や長期滞在には、FXを使った外貨両替

上記では、店舗での両替について紹介してきましたが、店舗での現金両替の場合、どうしても結構な両替手数料を取られることになります。(例えば、円から米ドルへの両替では、1米ドルあたり2〜3円の両替手数料が掛かってしまいます。)

もし、まだ出発まで時間があるという方は、以下の記事で紹介している方法がいいでしょう。この方法であれば、手数料を極限までカットすることができますよ。

>> 外貨両替手数料を比較!一番お得なドル両替方法はこちら

 

旅行の準備はOKですか?
海外でもスマホ・パソコンを使ってインターネットをしたい方へ

あと、両替同様、事前に準備しておきたいのが海外WiFiレンタルです。

海外WiFiレンタルなら、携帯電話会社の国際ローミング(2,980円)の半額以下。1日定額300円、670円、970円といった料金から利用できるので、渡航先でも割安でインターネットに接続できます。また、複数人との共有利用も可能なので、人数分で割るとさらにお得に利用できます。

なお、海外WiFiレンタルは、在庫数、提供国数に限りがあるので、早めに予約しておきましょう。

>> 海外WiFiレンタル GLOBAL WiFiの詳細はこちら


公開日:
最終更新日:2017/02/28

PAGE TOP ↑