*

海外旅行での外貨両替、国内、海外どちらがおすすめ?


海外旅行での外貨両替

ドルやユーロの両替は国内がおすすめ

日本円の現金を米ドルやユーロ(流通量の多い通貨)に替える場合は、一般的に日本国内で両替した方が有利です。必要な外貨は日本で準備しておきましょう。

特に、言葉が通じない現地で両替するのが不安な方は、日本国内での両替をおすすめします。

>> ドル両替の一番お得な方法はこちらをチェック

また、現地到着後、ホテルまでの移動などに現地通貨が必要になります。現地でも調達可能ですが、空港でのレートは一般的によくないですし、もし、現地到着が、早朝・深夜の場合、両替所が閉まっているということもあります。

旅慣れていない方は、これらのリスクを背負うよりは、日本国内である程度両替しておいた方が安全と言えるでしょう。

海外で両替する場合の注意点は?

海外で両替する場合の注意点

外国の観光地の両替所は、レートが悪かったり、表示レートが良かったとしても手数料が割高ということがあります。現地空港での両替も同様。ホテルでの両替もレートが悪いので、それなら街中の銀行などで両替した方がいいでしょう。

また、歩いているときに言い寄ってくるような「闇両替」は、相手にしない方が安全でしょう。海外で両替するときは慎重に。

あと、両替の時に渡されるレシートや証明書は、円に戻す際に必要になることがあるので、捨てずに保管しておきましょう。

国内でのおすすめの外貨両替方法は?

外貨両替の裏技!FXを使った外貨両替方法

出発までまだ時間がある方は、両替手数料を極限までカットできる、以下の記事で紹介している方法がおすすめです。

>> 外貨両替手数料を比較!一番お得なドル両替方法はこちら

時間がなく、現金での両替となれば、大黒屋など金券ショップでの外貨両替がいいでしょう(近くに外貨両替できる金券ショップがある場合)。金券ショップでの両替は、銀行や空港より若干レートがよくなっています。

 

旅行の準備はOKですか?
海外でもスマホ・パソコンを使ってインターネットをしたい方へ

あと、両替同様、事前に準備しておきたいのが海外WiFiレンタルです。

海外WiFiレンタルなら、携帯電話会社の国際ローミング(2,980円)の半額以下。定額制なので海外でパケ死する心配もいりません。

なかでも安いのが、こちらの海外WiFiレンタル。料金は、1日300円、670円、970円といった完全定額制になっています。また、複数人との共有利用も可能なので、人数分で割るとさらにお得に利用できます。

なお、海外WiFiレンタルは、在庫数、提供国数に限りがあるので、早めに予約しておきましょう。


公開日:
最終更新日:2016/12/12

PAGE TOP ↑